HOME>アーカイブ>初期費用が殆どかからない配送単価の高い業者とは

高い配送単価

宅配

大手通販EC企業の荷物の宅配が桃太郎便の仕事です。宅配の未経験者でも研修制度があるので安心です。桃太郎便の報酬体系は完全出来高制で年商は600万円から720万円といわれています。なお超過して配った宅配の荷物は規定分にプラスして支払われるのでやりがいがあります。さらにここの配送単価は200円以上と業界でもトップクラスです。配送プランも1日110個と100個、90個の3プランです。110個プランで開業した場合は日給24000円なので、これに稼働日をかけ合わせて見ると日給としてかなり高い相場です。そして桃太郎便の開業資金は0円で、年収700万円以上を目指せると評判です。

最小限の初期費用

配達員

初期費用を最小限に抑えて開業できることも桃太郎便の魅力です。宅配に必要な備品やユニホームも用意してくれます。そして毎月の必要経費は車両費用とその保険代で45000円、燃料費が約20000円です。他に必要なのは事務経費15000円ですが、希望者のみ支援ネットワークの入会金と年会費が発生します。この支援ネットワークは利用することで色々なことを教えてくれると評判です。なお宅配業務での駐車場代や車検代などは個人で違いがあります。

長い開業研修期間

男性作業員

桃太郎便の委託契約期間は1から5年で独自の売上保証システムがあります。それぞれのプランで保証される金額に違いがあります。配送料金に関しては配送が完了した個数で決定します。不在のお客への未配達となった場合は配送料金から未配達分が差し引かれます。さらに配達料がそれぞれの規定個数分に満たないときも不足した個数分が減額されます。桃太郎便は一律料金が座学や同乗研修も含めて支払いの対象になります。このシステムの開業研修期間は、最大で8週間なので安心して取り組めると評判です。

広告募集中